kotori_action kotori_default

レビュー blog

ことりのおひな様

ことりのお人形

多くのお人形が束ねた藁を胴体の中身に使う「藁胴」なのに対し、ことりのお人形は胴体の形に手彫りした木材を中身に使う「木胴」で出来ています。

通常「木胴」の方が加工しにくいため「藁胴」よりも手がかかりますが、長い間、型崩れせずキレイな状態で飾って頂けるようにという思いから、
熟練した職人に手間暇かけて作っていただいております。

また、お人形の手も最近では樹脂製で型抜きの手が多いのですが、「ことり」では一刀彫りで木材から削り出した「木手」を使用しております。

職人が一つ一つ手彫りした「木手」だからこそ表現できる繊細で美しい指先が、「ことり」のお人形をいっそう引き立てます。
※一部商品は藁胴を使用しております。

かわいいお雛様

ことりの飾り台と屏風

大切に仕上げたおひな様に合わせる飾台と屏風にもこだわりました。
おひな様をずっと美しく飾っていただくために・・・飾台も美しく、丈夫で、安全に・・・
そんな審美性と実用性を兼ね備えているのが、日本人が昔から愛してきた漆器でした。

漆を使った漆器の技術は日本発祥(※1)の伝統技術で、現在でも様々な場面で出会います。
漆の艶や質感の美しさから装飾として使われているのはもちろん、木製品の表面を保護し長持ちをさせるためにも使われています。
身近なところでは食器です。自然素材で口に入れても安心、口当たりや肌触りもとても優しい。
お子様の成長をずっと見守るお人形と共に飾って頂くものとして最適な素材と言えます。

コンパクトなお雛様の屏風

「ことり」の飾台と屏風の製作をお願いしている工房は会津若松市にあります。
その土地の漆器製造の歴史はなんと16世紀から。
長い歴史の中で伝統技術だけでなく、新しい技術と素材を取り入れて常に新しいタイプの漆器を製造されています。
古くからの黒漆や赤漆(朱)をはじめ、最近では明るいお色もありますので幅広い色味とデザインで「ことり」のお人形を華やかに演出してくれます。

漆器の魅力と切り離せないのが蒔絵です。「ことり」では飾台と屏風に施す蒔絵にもこだわりました。
鏡面のような美しい艶を放つ漆器の表面には、金・銀やその他多彩な色で吉祥文様の蒔絵を施し、お子様の幸せを願う思いを込めました。

なんとなく見落としがちな絵柄一つ一つに意味があります。
個別の商品ページにて僅かばかり紹介させていただいております。飾って頂く際にお人形と共に是非お楽しみください。

※1 中国伝来など諸説ありますが、
現在は福井県で出土した12600年前の物が最古のようです。

ことりのお顔

お人形の衣裳もお顔も好みはみんな違うはず。
毎年会いたくなるように、お好きなお顔をお選びください。

つばき

雛人形のかわいい顔

丸みのある色白のお顔。まるいほっぺが福々しい

ゆり

雛人形の美人顔

品の良い美人顔。高級感のある木櫛もポイント

らん

可愛い雛人形の顔

現代的で、目がぱっちりと可愛らしいお顔。口紅もピンクでキュート

お知らせ

more